国内の育毛剤との違い

国内の育毛剤と海外育毛剤の違い

「育毛剤」というくくりでは、髪の毛を発毛させたり、頭皮状態を改善して毛を育てることがメインですが、国内商品と海外商品では具体的にどのような部分が違うかをご紹介します。
まず「成分量」が圧倒的に違うということです。
日本では基本的に危険性がない量で商品化されているので、多くの方が利用してもそれほど重大なリスクを伴うということはありません。(頭皮状況・使い方による)
しかし、海外の育毛剤の場合は成分量が多いので、頭皮に合わない場合などは副作用が起きやすくなるのが問題となっています。
その一方で、費用もリーズナブルであり、成分量が多く含まれているという部分で、人によっては高い発毛効果があるのも事実です。
国内商品と海外商品ではこの「成分量」が違っています。

海外の育毛剤と国内の育毛剤の含まれている成分について

育毛剤の成分の中で有名なものは「ミノキジル」と呼ばれるものがあります。
この成分は頭頂部の薄毛治療に効果のある育毛剤で、効果は血管拡張を促して、血流を促進させる働きがあります。
これによって栄養運搬がなされ、髪の毛が育ちやすくなります。
副作用はミノキジルの「濃度」によって稀に起きるケースがあります。
副作用は「かゆみ」「炎症」などを感じる程度です。

海外の育毛剤には基本的にミノキジルが含まれている商品が多いですが、国内商品はあまり配合されていません。
リアップは国内商品の中でミノキジルが含まれていることで有名です。
海外の育毛剤の根本的考えは安全性よりも「効果」に着目をしています。
国内では「安全性」を重視に考えられているのが違いになります。
海外商品、国内商品のどちらを使う場合であっても「副作用」或いは「効果を感じない」ケースがあるということを理解した上で利用するようにしましょう。
また購入前は、成分量などを良く確認して判断することが大切です。
正しく使うことで、育毛剤の効果を実感することが出来ます。